So-net無料ブログ作成
検索選択

棉のワークショップ [イベント]

こちらでのお知らせが遅くなってしまいました

イベントのお知らせです

日本の棉(わた)を育てる、紡ぐ
【水無月】
「芽」-和綿を間引き、糸を紡ぐ

5月に蒔いたタネが可愛い芽を出す6月。
たくさんの雨の潤いで、草も一緒に元気になる時期でもあります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

みなさんは、ふっかふかのワタに触れたことがありますか?
「こんなやわらかいワタから私たちの服が作られているなんて!」
ときっとびっくりされることでしょう。

日本ではその昔、ワタを育て、糸に紡ぎ、着物を織っていました。
しかし、ワタが外国から輸入されるようになり、日本で育て、
手で紡ぐ日本古来の和棉は育てられなくなってしまいました。

そこで、私たち木のおもちゃHANAとクラシノワ舎では、
私たちの周りにある耕作放棄地などを利用して、和棉を育て、
糸に紡ぎ、びわの葉などの野山の植物で染め、
里山でもう一度ワタのある暮らしを作ってみたいと思いました。

今年で3年目。
自分で育て、紡ぎ、染める、という作業を通して、
里山の暮らしの豊かさや手仕事のすばらしさ、
モノの大切さなど、伝えたいなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【水無月ー6月】
「芽」-和綿を間引き、糸を紡ぐ

「水無月ー6月」の回では、5月に蒔いた種から出た小さな3つの芽を、
一つに間引く野良仕事と、三次産ひのきの間伐材を使った
日本版スピンドルを作って糸を紡ぐ手しごとを楽しみます。
紡いだ棉は小さな小瓶に入れてお持ち帰り頂きます。


〇とき 6月10日(土)10:00~15:00(小雨決行)

〇場所 木のおもちゃHANA隣の畑 
ワークショップでは車で近くの施設に移動します)

〇参加費 大人2,000円 子ども(小学生以上)1,000円 
(参加費にはスピンドルキットの代金が含まれています。
未就学児や追加でスピンドルキットを希望される方は、
当日500円で販売します。)

〇定員 15名(定員になり次第締切ります)

〇持ち物 軍手帽子・タオル・長靴 水筒(暑いので水分補給用に)、
雨具(必要な場合)、 くわや三角ぐわがある方はご持参ください。
※汚れてもよい服装でお越しください

ご希望の方は、「はやりのごはん」の玄米菜食ランチボックス
(別途大人850円・子ども500円)をご用意しています。(要予約)

締め切りは6月6日(火)です。

お申し込みは、参加ボタンをポチしていただいた上で、こちらからのメッセージ、メールkurashinowa@gmail.com
または木のおもちゃHANA
(0824-66-1896)まで
お名前と連絡先、お子様がいらっしゃればお名前と年齢、
そしてランチボックス注文の有無をお伝えください。

b2017年6月裏.jpg



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。